• 製品紹介
  • 耐熱ガラス
  • ITOガラス
  • 特殊ガラス
  • 無アルカリ性
  • 青版ガラス
  • ミラー
  • 会社案内
  • トップページ
お問い合わせはこちら

製品紹介

耐熱ガラス

合成石英
合成石英
特徴

CVD法(熱分解法)によってつくられた、高純度の無定形シリカから成る合成石英です。
紫外線に対する抜群の透過率を有します。
また熱膨張率が極めて低いため、極端な温度の勾配や急熱急冷に耐えることも可能。
耐熱温度は1,100℃です。

溶融石英
溶融石英
特徴

非結晶質のガラスを形成するため、白熱で溶かし、冷却した結晶石英です。複屈折がなく、結晶石英よりも低い屈折率を持っています。
適切な技法によって供給され、様々な光学技術に利用されています。

テンパックスガラス
テンパックスガラス
特徴

無色透明のホウケイ酸ガラスから製造されます。
普通のソーダガラスと比べて熱膨張係数が小さく、ガラスの表面や内部の大きな温度変化・温度差に耐えることができます。
耐熱温度は数時間では500℃、長時間では230℃です。

ネオセラム
特徴

少し黄色みかかったガラス(ブロンズ色)で低膨張結晶化ガラスです。 温度による熱膨張が小さいガラスで、高い光線透過率を持っています。 赤外線の透過率も高く電気、ガス調理器にも使用されています。 耐熱温度は、700℃です。

PXガラス
PXガラス
特徴

ホウケイ酸ガラスで、その組成においてアルカリ含有量が極めて少なくなっているので、急熱急冷に対して非常にすぐれた耐性を持っています。
アルミメッキをかけたり、シリコン皮膜を付けたりすることも可能です。
大学の講習会などでご利用いただきました。

ITOガラス

ITOガラス(ジオマテック社製)
ITOガラス(ジオマテック社製)
特徴

ITO成膜方式の中でもジオマテックが最初に手がけたのがこのEB(エレクトロンビーム)法です。
パターニングの良さと早いエッチングレートを備えており、LCD(液晶ディスプレイ)の表示用電極として数多く利用されています。
常時10Ω、30Ω、50Ω、100Ωがあり、サイズは1.1T×100×100です。

特殊ガラス

ウェッジフィルター
ウェッジフィルター
特徴

広範囲な波長において、入射光を一定量減衰させるときに使用するフィルターです。
可視域におけるニュートラル性は高く、高精度な透過特性があります。

コンデンサーレンズ
コンデンサーレンズ
特徴

平凸レンズ・両凸レンズ等、ご希望に合わせて作成いたします。

このページの先頭へ
ホームページ制作、ホームページ作成はこちら